青年会議所とは – 一般社団法人恵那青年会議所2018

青年会議所とは

■青年会議所(JC)とは?

・Junior Chamberの頭文字をとったもので、青年会議所の意味です。青年会議所は「明るい豊かな社会」の実現を理想として、次代の担い手たる責任感を持った20歳から40歳までの青年の団体です。

■JCの三信条とは?

1.個人の修練 2.社会への奉仕 3.世界との友情

・この三信条は、JC運動とは、若いひとが集まって自己啓発、修練を行う場であり、培われた力を用いて地域社会にサービス(奉仕)することである。そして、そのトレーニングサービスを支える力として会員全員、同志を貫くフレンドシップ(友情)がある。というものである。
私達恵那青年会議所メンバーは「修練」(Training)、「奉仕」(Service)、「友情」(Friendship)のJC三信条に則り、次代を担うリーダーとなるべく自己研鑽とメンバー同士切磋琢磨を繰り返しながら、恵那のまちに貢献する活動を行うとともに、互いの友情を深める交流も行う様々な活動を行っています。
そして、この三信条を基に、様々な研修や自己啓発の場を、毎月行われる例会や委員会などで設けています。また、「明るい豊かな社会」を目指し、地域社会への貢献を考え、まちづくりの為に行政、市民と連携して活動を行っています。

■例会

月1回行われるJC活動の基本となるのが例会です。ここでは、様々な研修や講師をお招きして話を聞いたり、時にはスポーツをするなど様々な研修を行っています。

■委員会

各メンバーは委員会に所属します。JCでは様々な事業を行いますが、各事業を担当の委員会が運営を行います。現在それぞれの委員会が自己研鑽やまちづくりなど立案、運営を行っています。